川崎市議会議員(麻生区)
月本たくや<無所属>

「麻生から新しい川崎へ」
一人一人を大切に歩むまちづくり

こどもの日にあたって

こどもの日祝日法第2条では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」

とありますが、先日の憲法の私の見解からすると、この条文、書き直した方がいいような気もします。

母だけでは子どもは生まれませんので。

 

とは言え、私も誕生日にもっとも感謝するのは、産んでくれた母です。

 

しかし、そもそも、男子の健やかな成長を祈るのが、こどもの日の成り立ち。

女子の場合は3月3日のひなまつりでしたが、こどもの日は、男女関係なく、こどものための日です。

 

と難しいことばかり考えてしまいますが、

「こどもだからできない」

「こどもだからだめ」

と大人の都合を押し付けてはいませんか?

と大人が考える日であり、

「こどもが主役なんだ」

とこどもが威張るわけでなく、

こどもたちは大人たちに感謝する日でもあります。

 

「人に感謝することができる」こどもを尊重するのは、健やかな成長が大人の喜びであるということです。

ゴールデンウィーク中なので、遊べる日という風に思う方も多いでしょうが、大人もこどもも、女性も男性も、お互いの存在に感謝し、喜び合う日になってほしいです。

カテゴリー: ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク