まっすぐに市政をリード

massugu「無所属では仕事ができないのでは?」

と尋ねられます。

それは国会のイメージで、川崎市議会は、代表質問のような会派限定のものもありますが、一般質問、予決算の質問等、すべての議員に平等に時間配分されています。

よって、一部の制限を除き、個々の議員としての質疑は同等になっています。

 

このような議会制度を背景に、私は2年前に当時所属していたみんなの党を離党しました。団長を務めていたので、政令指定都市の交渉会派団長が離党・離団するという決断に至りましたが、その時に思った言葉が、「徳は弧ならず、必ず隣あり」。

徳のある人材は、必ず協力者が現れるという意味です。
正しい決断であれば、理解者・賛同者は現れると信じ、決断しました。

その後、2年間、無所属としての議会活動。政党のしがらみがなくなり、市議会議員の仕事に専念できました。

そして、昨日の出陣式。

4年前より3倍の人にご出席頂いての出陣になりました。
多くの方のご激励に感謝いたします。

これからもブレず、無所属だからこそ、月本たくやだからこそ、まっすぐに市政をリードしてきます。

 

【以前のブログ:徳不孤必有鄰】

http://www.tsukimoto.info/blog/entry1195.html

所在地
川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市役所第2庁舎6F

電話
044-200-3607

FAX
044-330-1563

所在地
川崎市麻生区白鳥2-3-2 Kコーポ白鳥103

電話
044-986-6010(留守電)

FAX
044-330-1563