選挙違反に注意~身代わり投票の禁止~

senkyoihan2選挙用語がちょっと難しくて、誤解される場合もあるので、説明します。

「代理投票っていいんでしょ?」

代理投票という制度はありますが、代理投票と身代わり投票は違います。

 

代理投票って?

代理投票は、投票用紙に文字を記入できない選挙人のための制度です。例えば、目の不自由な人や、病気やけがなどで手が不自由な人などが投票する際の制度です。投票所にいる投票管理者に申請すると、補助者2名が定められ、その1人が選挙人の指示に従って投票用紙に記入し、もう1人が、指示どおりかどうか確認します。補助者が1人だと不正が出来てしまう可能性があるので、2人が定められます。

また、投票所には、点字投票用の投票用紙や点字器が用意してあり、点字での投票もできるようになっています。

 

身代わり投票は禁止

「バイト入ってて投票行けないから、代わりに行って」と投票所入場整理券を渡され、投票するのは禁止。

「誰に入れていいかかわらないから、これあげるよ」と投票所入場整理券を渡され、投票するのももちろん禁止。

身代わり投票は、詐欺投票と言われ、厳重に処罰されます。

これは、有権者本人に交付されている投票所入場整理券ですから、本人になりすましたことになります。

当日行けなければ期日前投票も不在者投票もあるので、自分で行きましょう。

所在地
川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市役所第2庁舎6F

電話
044-200-3607

FAX
044-330-1563

所在地
川崎市麻生区白鳥2-3-2 Kコーポ白鳥103

電話
044-986-6010(留守電)

FAX
044-330-1563