今年の漢字を「慈」に。

毎年、歳末に清水寺で一年の世相を表す「今年の漢字」が発表されます。

年によっては、「今年はどんな一年でしたか?」と尋ねられ、お答えしたことがありました。

しかし、新年になって、「あなたにとっての今年の漢字一字を書いてください!」

と人生初の経験になりました。

後厄から明けた新年ということで、新しい出発の想いもあり、いろいろ考えてみようと思いましたが、私が浮かんだのは、「慈」という漢字です。

慈しむ。

深い愛情。

情け深い。

可愛がり大切にする。

愛情こまやかなさま。

などの意味を始め、

仏教用語としては、愛をもって苦しみを除くという意味もあります。

コロナ禍でたくさんの人が傷つき、身も心も疲弊する中、今年は始まりました。

人々が人々を慈しむ。

少し気に掛ける、できるときにできる限りの愛を優しく注ぐ。

令和三年、互いを思いやり、支え合って、暮らして行ける一年を祈念します。

※乱筆ご容赦ください。

所在地
川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市役所第2庁舎6F

電話
044-200-3607

FAX
044-330-1563

所在地
川崎市麻生区白鳥2-3-2 Kコーポ白鳥103

電話
044-986-6010(留守電)

FAX
044-330-1563