福田市長は法律を理解できないのか?

6月3日、福田市長の支援組織「川崎の発展を考える会」の顧問を務める元副市長が、市議会に7月14日に開催予定の同会主催の政治資金パーティーの案内に訪れました。

この際に、議会局の管理職が私の控室に、先述の顧問を案内し、同顧問が私と重冨達也議員に案内状を渡すのを横で見ていましたので、当然、目的を知っての案内と解せます。

市職員が勤務中に、政治資金パーティーの販売募集を援助した場合に、地方公務員法第36条2項、政治資金規正法第22条の9に抵触する恐れがあり、今回はそのケースと考えられます。

選管事務局長は答弁で違法性を示唆

政治資金パーティーのパーティー券の販売目的で来庁した市職員OBを、現職の市職員が訪問目的を知った上で市職員OBを、庁舎内の職員の執務エリアに案内を行うことは、これらの法律に違反する可能性があると考えられます。

そこで、一般質問において、選管事務局長にこのようなケースが想定される場合に、市職員から対応の相談を受けたたら、どのように回答するか?を尋ねたところ、

「慎重に判断するように回答する」趣旨の答弁がありました。

「慎重に判断する」≒「やめたほうがいい」ということです。

即ち、選管事務局長がこの行為は違法性が高いと事実上答弁しているわけです。

当該管理職が知らないはずはない

私は今回の行動について当該管理職から聴取したところ、「同顧問が議長と約束をしていて議長が会派控室に戻っていたから案内した。その後、副議長に通す前に、会派を廻りたいというので案内したので、公務の延長線である」と回答。

さらに、「同顧問が、現在政治団体顧問をしていることを知らず、訪問目的も知らなかった」と供述。

その上、同顧問が私にパーティーの開催を説明し案内を渡した際に、私の部屋にいたにも拘らず、「部屋の外に出ていたので、中身は知らない」と嘘の供述。

そもそも、4年前の市議会定例会で、同政治団体の政治資金パーティーのパーティー券の案内の送付について、庁内逓送便を使用した問題が取り上げられていたため、「要注意団体」であることは間違いなく、それを知らないはずがない。一方で、本当に知らないとしたら、政治的色彩の強い議会局管理職として不適任であるということは言うまでもない。

ノンアポでも職員の判断で議員室に通せる?

選管事務局長の先ほどの答弁に基づき、そもそも面会約束をしていない人物を確認もなく議員室に通す基準とは何なのか?という質問に対し、ケースバイケースで対応しているという答弁。

基準がなく、職員の胸先三寸で、議員室に通す人物を選別できるという恐ろしい答弁に、かなり驚きました。

川崎市議会は恐ろしいほどセキュリティが甘い上に、職員の判断で通せるなら、私のように厳しい質問をした議員に対しては今後どのように扱われていくのか?

「案内してくれ」も違法

当該顧問から当該管理職に議員室への案内を要請されたかどうかもポイントになります。仮に要請した場合は、当該顧問が、政治資金規正法第22条の9の第2項に、公務員に違法になる行為を求めてはいけないという趣旨に抵触する恐れがあります。

また、仮に要請がなくても、政治資金パーティーの販売募集の補助に該当するリスクのある面会の約束をしていない議員室に当該管理職が案内することは、政治資金規正法第22条の9に抵触する可能性があることは元副市長である当該顧問は知っていると思われます。

福田市長の不規則発言ともいえる答弁

このような事実関係を質疑で確認した上で、公務員が政治活動への関与が疑われるようなことはあってはならないわけで、今後、どのように対応するか、市長に尋ねました。

「今の一連のやりとりをやってて、何が問題なのかっていうのがよくわかりません。何が気に食わないのだろうかと、ちょっとその論点がまったく意味がわからず、お答えしようがありません」と福田市長は言ってマイクを叩き折って着座。

残り3秒だったので、最低答弁に返すことが出来ず、質問終了。

せいぜい、「事実関係を確認し、適切に対処していく」ぐらいの答弁はあると思っていましたが、、、

選管事務局長が違法性を示唆した答弁から始まったにも関わらず、「問題がわからない」ということに驚くともに、「何が気に食わないのだろうか」と稚拙極まりない発言で、マイクを叩くという行為に呆気に取られてしまいました。

市職員が違法性のある行為をするという根底に、市長の遵法精神が欠如しているといことが明らかになりました。

コロナ禍で、医療従事者を始めとしたエッセンシャルワーカーの方々、対応にあたる市職員、営業自粛を余儀なくされている店舗の方々や、関連している業種の方々、外出制限にがまんする子どもたちなど、多くの方々のお困りごとのご相談を受けて来て一年以上になります。

そして、感染状況が厳しい中でありながら、そもそも、このような状況下で政治資金パーティーを開催するということ自体が理解できませんが、、、

所在地
川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市役所第2庁舎6F

電話
044-200-3607

FAX
044-330-1563

所在地
川崎市麻生区白鳥2-3-2 Kコーポ白鳥103

電話
044-986-6010(留守電)

FAX
044-330-1563